これからの教育のあり方

これからの学校教育に必要な事項

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

教育をどう考えるべきか

スマートフォンの普及率が相当に上がり、パソコンを使う企業がほとんどになっています。 教育のあり方にはいろいろあると思いますが、現在の状況を考えてみると、そういった情報化の社会への順応を早くからやっていくべきだとは思いますよね。 ここでは情報化社会での教育について考えます。

第一の変化について

人々が関心を抱くものは多くありますし、その人によって関心の方向は違います。
ですが、その中でもいくつかの事柄にはみんなが関心を抱きます。
そのうちの一つが教育でしょう。
学校教育がどのようにあるべきか、それはよく議題にあがります。
ゆとり教育だとか、あるいは体罰に関する問題など、ニュース番組でも様々なコメンテーターが自分の意見を言っていますよね。
これからの教育は果たしてどうあるべきなのでしょうか。

学校教育が何のためにあるのかを考えてみると、これが意外と難しい。
人間を豊かにするためだとか、豊かになるためにも、まず土台を作っていくだとか、色々と義務教育の定義はあるのでしょうが、実際に学校に通う生徒の受け取り方はそれぞれですし、教える側の先生たちすらも、一人一人違った信念を抱いて教鞭を振るっているのだろうと思います。
個人的な考えで恐縮ですが、私は算数だって読み書きだって、やりたいなら学ぶべきだし、家で学べる基礎的な部分は家でやればいいだろうし、何も学校で無理に時間を決めて息苦しい中で勉強をする必要などないのでは、なんてことを思ってしまいますが、物事はそう単純ではないですよね。
いまだに学歴が社会の中で一つの基準であるのは事実ですから。
おそらく、教育を考えることは社会を考えることでもあり、そして幸福について考えることにもなるだろうと私は感じています。
もし、教育が根本的な変貌を遂げたら、良くも悪くも社会そのものがその形を変えるでしょう。
今、教育は変化しつつありますが、それは教育のシステムの内側で、細部を交換しているだけのように見えます。
でも、その変化が教育の外側そのものを動かし始めた時に、不意に新しい社会が登場するのではないか。
そんな風に考えています。

第二の変化について

情報化社会と並んで語られ続けていたのが、グローバル化です。 それらの二つがどちらとも、ものすごいスピードで当たり前となり、今では新しいものとして語られることも減ってきましたが、そこに対応できるような教育も、前提としてあるべきです。 次はグローバル化について考えてみます。

学校教育をもう一度省みる

情報化社会、グローバル化ときましたが、果たしてそれだけで十分なのか。 実は今問題になっていることは、こうした項目だけでは解決できないように思えるのです。 なので、まとめと称して、ここでは学校の本質的問題をもう少し考え、必要な項目を見つけていきたいです。